• HOME
  •  > 2011
  •  > Boys, Be Ambitious 073 2011 鈴鹿サンデー参戦記
BOOKMARK Googleブックマークに追加 お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに追加 SHARE Twitter mixiチェック

Boys, Be Ambitious 073 2011 鈴鹿サンデー参戦記

2011.06.24

ちゃお とぅってぃ!!チームノビー監督のノビーです!!

今回は、6月12日に行われました、鈴鹿サンデーロードレースの模様をお届けします。

Boys, Be Ambitious 073 2011 鈴鹿サンデー参戦記

さて、全日本の開幕が遅れていますが、各地方戦はすでにシーズンがスタートしているところがほとんど。
俊也は自分でも「シーズンのはじめは乗り込むほど調子が上がる!!」といっていますし、スペイン選手権を既に2戦こなしている俊也と違い、今年まだレース をしていないタケにも「レースの感どころ」を確認してもらいたいとの思惑から、地元の鈴鹿のレースに参戦することを決定。
鈴鹿ということで、今年仕様のエンジンの性能確認とパーツのテストも行うことにしました。

鈴鹿は長いストレートが2本もあり、エンジンに負荷がかかるコーナーも多いので、ライダーのトレーニングだけでなく、マシンの確認のためにもこのオフは積極的に走行を重ねてきています。
監督も現役の頃は、この鈴鹿のタイムを自分のベンチマークとしてオフのテストを重ね、自分の走りや、マシンの仕上がり具合をチェックしていたのを昨日のことのように思い出します。



まずはウィークの流れです。

金曜日 
40分のフリー走行が2本

土曜日
午前中に40分のフリー走行
午後に25分の公式予選

日曜日
10周の決勝レース

全日本と同じような時間の流れなので、本番のシュミレーションとしてはベストではないかと思われます。


このオフのちーのびのテスト走行はほとんど鈴鹿で行っているので、ウィークには入る前に、二人とも徐々にタイムは上げつつありました。
目標タイムを聞くと二人とも「19秒台!!」と豪語してますが(笑)。
はたして目標はクリアできるのでしょうか?



金曜日の走行。
天気予報では週末にかけて天気が崩れるとの情報。
ドライで走れるのはもしかしたらこの日だけかもしれないので二人とも気合いが入ります!!

しかし、いざ走行が始まってもなかなかペースが上がりません。
何度かピットインしてセットアップするものの、やはり状況は変化するでもなく、結局午前中の走行が終了。タイム的には二人とも23秒、24秒あたりと、目標タイムからはほど遠いものとなるばかりか、前週に行われた練習のタイムにも届きません。



ライディングの再確認をし、気合いを入れ直して午後の走行に望みます。
タケはやっと22秒台に入り走行を終了。
俊也は23秒台をかすった程度で、本人的にも満足できず、最後の走行に空きがでたので、3本目も走ることにしますが、それでも最終的にはぎりぎり23秒を切ることができずにこの日の走行を終了。
どうやら二人とも課題山積みのようです。。。



予選日は予報通り朝から雨が落ちていますが、雲は薄く雨もやみそうな気配。
そんな中午前中の走行はウェットコンディションの中で行われますが、午後はドライなるとの予想から、二人とも無理をせずに雨のセットの確認を行います。
特にタケは雨を得意としているだけあって、他のエントラントに比べて圧倒的に速いタイムで走行。
一方、雨が苦手だった俊也ですが、このオフのウェットでの精力的な走り込みの成果が出てきていて、タケほどではないですが、安定して速いタイムで走行。

午後の公式予選はドライの中行われ、25分の短い時間でタイムを詰めていきます。
タケは21秒4をマークしポールポジション。
俊也は22秒3で2番手と、チームノビーのワンツーとなりました。



翌日も、事前の予報と反して朝から晴れ間がのぞき、ドライコンディションでのレースとなりました。
決勝の周回数は10周と、全日本に比べるとかなり少なく、逆にスタート後にいかにペースを速く上げるかという練習になります。

さて、いよいよ決勝レースがスタート。
スタートの得意な俊也は失敗し、逆にそこそこのタケは大成功!!一周目から後続を引き離しにかかります。
ペース的には目標通りとは行かなかったのですが、俊也が2位にあがったときにはかなりのギャップを築くことに成功。
逆に俊也は差を縮めようと焦るばかりでミスを連発し、後続からもつつかれることとなります。



レースも後半に入り、タケは既に俊也を6秒リード。
終盤2位争いが熾烈になり、最終ラップの130R進入で俊也と3位の選手が接触しコースアウト!!
しかし続くシケインで2位にあがった選手が転倒!!
結局タケは10秒のギャップを築きチェッカー!!
2位にはかろうじて俊也が入りました。



結果的には1,2フィニッシュでしたが、課題や修正点も多いレースとなり、監督としては厳しい点数を二人につけたのですが、当初の目的の「レースシュミレーション」としては、良い練習になったことでしょう!!



7月の全日本開幕では、是非ぶっちぎりで1,2フィニッシュを決めて欲しいものですね!!

Наш интересный портал про направление оросители для полива https://kapli.kiev.ua/oborudovanie-dla-avtomaticheskogo-poliva/hunter-ssha/dozhdevateli-hunter/
алиэкспресс наручные часы

honda.ua/motorbike/malokubaturnye_125cc_150cc/cb_125e/opisanie_modeli/