• HOME
  •  > 2010
  •  > Boys, Be Ambitious 062 RedBull MotoGP Rookies Cup ミサノ編
BOOKMARK Googleブックマークに追加 お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに追加 SHARE

Boys, Be Ambitious 062 RedBull MotoGP Rookies Cup ミサノ編

2010.10.07

ちゃお、とぅってぃ!!チームノビー監督のノビーです。

さて、今回は「RedBull MotoGP Rookies Cup」第10戦、ミサノで行われたサンマリノGPの模様をお届けしたいと思います!!
さぁ、いよいよ今年最後のレースになりました。
ダイジには今年の走りの集大成を見せて欲しいものです!!

さあ、まずはいつものように今回のスケジュールです。 
金曜日 12:00~①フリープラクティス(25分)
16:25~②予選1回目(30分)
17:50~③予選2回目(30分)
土曜日 MotoGP決勝後に決勝レース(14Lap)

今回は土曜のみの開催と言うことで、リズムに乗ったウィークを展開していくことが求められますね(^_-)-☆
ということは、何も特別なことをする必要はありません。
いつも通り課題をしっかりこなしていくのみです!! 
普段はダイジの自主性を最大限に重視している監督も、今回ばかりは最終戦と言うこともあり、レースウィークに突入する前から走行前の詳細なシュミレーションを手伝ってからミサノ入りしました。



始まったフリープラクティス。いつも通りピストンの慣らしから始まりました。
前回ブルノの第2レースでのクラッシュでマシンが大破していたため、今回ダイジのマシンはシリンダーとチャンバーも新品に\(-o-)/
これは最終戦へ向けてはポジティブ事項ですよね。
慎重に、かつすばやく慣らしを終え全開走行へと入って行きます。
早い段階でペースアップできたのは作戦通り。
しかしもう一つの作戦が中々うまく行かないみたい。。。
ラストラップのタイムアタックを単独で行い、なんとかトップからコンマ7秒落ちの4番手。
まずまずの滑り出しと言えるでしょう。


 
各クラスのフリー走行後に始まった公式予選一回目。
ダイジは早々と50秒台に入れてきたのですが、そこからなかなかタイムを上げることができません。
しまいにはスリップ待ちをしだす始末で更に悪循環。
結局セッション中盤にマークしたタイムを更新できずに11番手でこのセッションを終了。
セッション後にはシュワンツさんに何やらアドバイスをもらいました。
 


ちょっと調子悪そうなダイジの気分が乗るように、いつもより極力優しく(?)
ダイジに接した監督でしたが、今回は強力なゲストがぁっ!!
なんと坂田和人さんが日テレの取材でやってきていて、当然かつての戦友である監督のところにやってきて、ダイジにはいつも監督が言っていることとまったく同じことを、熱く渇を飛ばしてくれるのですが、、、、、せっかく優しく接してたのにぃ~(T_T)
坂田さん、怖いぜぇ!!たぶん監督より怖い。。。 



約一時間のインターバルを終え、ダイジは公式予選2回目へと突入!!
アドバイスをもらい、更には渇を入れられ(^_^;)、すっかり気分転換した(?)のか、先ほどとは見違えるような走りを披露。
48秒台を連発して、この予選を3番手で終えます。
総合でも4位となりフロントローを確保。
しかし、、、なんで最初からできないのかなぁ???やればできるのに、、、 



迎えた決勝レース。いつも課題のスタートは、、、今回も失敗(T_T)
しかし、いつものことと心を落ち着け(*_*)、監督はモニターでレースを見めます。
一周目は9位でコントロールラインを通過。
すると、いつものようにするすると順位を上げ、4周目にはトップに迫ろうかという勢いのところまで来ます。



その後も常にトップグループでのバトルを展開するのですが、なぜかトップには達しません。
あえてそうしているのか?それともいっぱいいっぱいなのか?見たところ、バックストレート前のコーナーでどうしても前走者を抜きたいらしく、インべたで曲がってしまいストレートでまた抜き返されるということを数周に渡ってしてしまいます。
一時は2位まで上がりますが、これではトップには出れません。
そうこうするうちにレースは最終ラップに突入。ダイジは3位。



すると、やはり例のコーナーで失敗してバックストレートでカリアに抜かれて4位へと後退してしまいます。
万事休すと思われたのですが、何と最終コーナー進入でカリアのインをつき、3位でチェッカーを受けます。
いやぁ、最後のブレーキングすごかったぁ!!って、なんで最初からやらないんだぁっ??(笑)



今年のレッドブルルーキーズカップは昨年と同じランキング3位で終了しました。
順位こそ同じですが、今年のダイジは、良く本人も「16歳の進化」とかなんとかいってますが(>_<)、
確かに進化したと思います。



今後のシーズンは日本に戻り、全日本選手権のJ-GP3クラスに参戦予定です。
はたして「16歳の進化」を日本で見ることができるのか?



今後ともダイジの応援を宜しくお願いします!!

У нашей компании интересный портал со статьями про форсунки для полива https://kapli.kiev.ua
niko-holding.com

http://renesans-centr.kiev.ua/uslugi/lechenie-alkogolizma