• HOME
  •  > 2010
  •  > Boys, Be Ambitious 040 Moto2クラス 編③
BOOKMARK Googleブックマークに追加 お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに追加 SHARE Twitter mixiチェック

Boys, Be Ambitious 040 Moto2クラス 編③

2010.03.11

ちゃお、とぅってぃ!!チームノビー監督のノビーです!!
今回のボーイズビーアンビシャス特別編「Moto2編」は、なんと海外からお届けします。
スペイン現地(バレンシア&ヘレス)で行われるIRTAテストに乗り込んで、気になる最新マシンの情報をお伝えしたいと思います!!
今回はまず前回紹介した「プロトタイプ」ではなく、各チームの本番車に近いマシン達を一気に紹介していきましょう!!進化してるマシンがあるかも???



まずは日本車から紹介していきましょう。
今シーズンは「グレシーニ」、「ホリデージム」、「インターベッテン」、「マテオーニ」から6台がエントリーする「モリワキ」製のマシン。



スイスの「シューター」製のマシン。日本の富沢選手を始め、一番多くのチームが採用。
富沢選手の「テクノマグCIP」、「フォワードレーシング」、「マークVDSレーシング」、「キーファーレーシング」、「チームジャーマニー」、「イタルトランスSTR」、全日本でGP250を走っていたタイのラタパーも所属するスペインの「ストップアンドゴー」。
以上のチームから合計12台がエントリー。



同じくイギリスの「FTR」製のマシン。
「アレックス・デボン」が自ら立ち上げたチームからの1台のみ。



ドイツで作られている「カレックス」製のマシンは「ポンス カレックス」から2台のみ。



「MZ」製のマシンもドイツ製。現時点ではリザーブチームになっています。
昨年のテストでは、どうみてもホンダのCBR600RRそのままでしたが、今回はオリジナルフレームになってました。



イタリアものでは「RSV」製のマシンを「チームアスパー」と「カルディオンAB」の3台。



「スコット」のオリジナルマシンも2台エントリー。



「スピードアップ」製のオリジナルマシンも2台エントリー。
ですが、「FTR」のマシンと酷使してるので、もしかしたらOEMかも???
詳細は調べてみます。



「ADV」製のマシンは「WTR」から1台参戦。



「I.C.P.」製のオリジナルマシンは「カレッタレーシングテクノロジー」から1台がエントリーです。



日本の高橋裕紀選手が所属するフランスの「テック3」のオリジナルマシン。
同チームから2台エントリー。




スペイン選手権を走っていた「AJR」製のマシンと「HUNE RACING」のマシンは、
残念ながらGPへの参戦はないみたいですね。

次回以降は、各マシンを詳しく調べて紹介していきますのでお楽しみに!!

www.medicaments-24.com

www.agroxy.com

https://baden-medservice.ru