• HOME
  •  > 2010
  •  > Boys, Be Ambitious 039 Moto2クラス 編②
BOOKMARK Googleブックマークに追加 お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに追加 SHARE

Boys, Be Ambitious 039 Moto2クラス 編②

2010.02.27

ちゃお、とぅってぃ!!チームノビー監督のノビーです!!
さて、ボーイズビーアンビシャス特別編「Moto2編」。
第2回目の今回は、昨年スペイン選手権を走っていた「プロトタイプ」を、
一気に紹介していきましょう!!


まずは今シーズン一番多くのチームが使う「シューター」のマシン。
プロトタイプはヤマハYZF-R6のエンジンを使用していました。
ライダーは元GPライダーの「ロベルト・ロルフォ」。



次はイギリスのフレームビルダー「ハリス」製のマシン。
かつてはGP500のフレームも制作していて、ウェイン・レイニーも使っていたのを覚えている方も多いと思います。
エンジンはホンダCBR600RRのエンジンを使用。
ライダーはGP125の「ファン・オリーベ」。



続いて、こちらもイギリスのメーカーである「FTR」製のマシン。
フレーム制作は初みたいですが、非常にオーソドックスにきれいにまとまっています。
エンジンはホンダを使用。ライダーは「ポール・ゴーランド」。



次は「AJR」製のマシン。
フレームのメインチューブがクロモリ製でピボット回りはアルミの削り出しパーツという組み合わせ。
エンジンはホンダです。



まだまだいきますよ。次は「HUNE RACING」のマシン。
メーカーは「MS」か?詳細は不明。AJRと同じくクロモリとアルミのハイブリッド。
ぱっと見はヤマハのYZF-R1とR6を足して2で割ったような感じですね。。。



そして「MZ」製のマシン。過去にはGP500二も参戦していたメーカーです。
しかし、どうみてもマシンはCBR600RRそのままですね。。。(^^;) 
ライダーは元GPライダーの「アンソニー・ウエスト」。



最後に「BQR」製のフレーム。
「BQR」はスペインのチームですが、フレームは日本で作られています。
ライダーは昨年いっぱいで現役を引退した「青山周平」。
今後はオートレースに転向します。

Stop Ejac (Dapoxétine)

xfinity movies on demand