• HOME
  •  > 2010
  •  > Boys, Be Ambitious 035 2009年 ST600クラス総集編
BOOKMARK Googleブックマークに追加 お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに追加 SHARE

Boys, Be Ambitious 035 2009年 ST600クラス総集編

2010.02.01

Team NOBBY監督のノビーです。

昨年のST600クラスは、シーズン前にGP250クラスの2009シーズン限りでの廃止がアナウンスされたり、世界戦から戻ってきたライダーの参戦が決まったり、JSBクラスのチーム体制に変更が多くみられたことも影響して、このクラスに新たに参戦してくるライダーや帰ってくるライダーが多くなり、よって必然的にシーズン前から大接戦が予想されることとなりました。


 


そんな中でもやはりこのクラスの「ボスキャラ」である小西選手を中心にシーズンが進んでいくのかなと思っていました。


シーズンは前年までJSBでもまれてこのクラスに帰ってきた手島選手の勝利で幕を開けます。
そして実質2戦目のオートポリスで早くも連勝を飾るのですが、僕的にはシーズン中の彼のベストレースだったのではないかと思いますね。



 

内容的にはスポット参戦してきた元GPライダーのペレ・リバ選手と最後まで大バトルを繰り広げ、そして最後には「力」でねじ伏せた完璧な内容でした!!


 

手島選手の成長ぶりがうかがわれたオートポリスのレースでは、その一方でボスキャラ小西選手が転倒で戦列を離れ、レース数の少ない全日本では致命的、「万事休す」と思われたのですが。。。といった内容で前半戦が終了。


そして実質第3戦SUGOから始まる後半戦になると、その小西選手がさすがのしぶとさを見せ始めます。
 

 



SUGO、岡山と2連勝を飾り、プレッシャーを手島選手に与えていきます。
最終的には小西選手の最終戦での転倒でチャンピオン争いに決着がついたのですが、今年の手島選手は集中力を切らさなかったことがチャンピオンを引き寄せたと言えると思います。





 

そしてもてぎでは監督がレースを始めたころからトップライダーだった大ベテランの黒川選手がとうとう優勝したり、SBK帰りの中富選手も最終戦鈴鹿で優勝を飾るなど、今シーズンをまた予想しにくくなるような材料も出てきちゃってうれしい悲鳴です!!


なお個人的にはSRS-Jで講師を一緒にしている「眠れる獅子?」
というか「猪突猛進?」の野田弘樹選手が勝つところを早く見たいです。

 

あっ、あくまでも個人的な希望的観測ですからあしからずm(__)m

オフの各チーム、各ライダーの動向を聞いていると今年以上に兵が名を連ねて接戦になることは間違いありません。


ST600から目が離せなくなりそうです!!

baden-medservice.ru/rak-zheludka-klinika/

https://pillsbank.net

продвижение и раскрутка сайтов