• HOME
  •  > 2009
  •  > Boys, Be Ambitious 027 スペイン選手権参戦スペシャル5
BOOKMARK Googleブックマークに追加 お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに追加 SHARE Twitter mixiチェック

Boys, Be Ambitious 027 スペイン選手権参戦スペシャル5

2009.11.24

ボンジョルノ、トゥッティ!!チームノビー監督のノビーです。
先週のヘレスは残念な結果に終わりましたが、そんなことはなかったようにダイジはケロッとしています(*^^)v
さて、今日からいよいよバレンシアのレースウィークが始まります。

ダイジ、はたしてリベンジなるのか???


ヘレスでは3回も転倒を喫し、体こそ全く平気なものの、すっかりハートブレイクな大治朗(>_<)
バレンシアまでのインターバルは、師匠の先輩である元GPライダーにしてスペインチャンピオンのヘルナンデスさんの家にお世話になることに。


しかし、肝心の師匠は多大なる心労から?ついにダウン(T_T)
39度の高熱を出してなんと3日間をスペインにまで来て寝て過ごすことに。。。
カルタヘナは、最高の天気で気温は11月中旬にも関わらず30度!!
しかし熱のせいでそれでも寒い寒い師匠なのでした(T_T)

一方ダイジは、師匠がダウンしてくれたおかげで全く小言を
言われることなく、自由気ままに過ごすことができたのでした(^.^)/~~~ 


ヘルナンデス家秘蔵の数々のレースの映像を見まくったダイジ。しかし英語の勉強はそっちのけでした。。。


更にはヘルナンデスさんが運営している「Team HERNANDEZ」のプライベートテストにお手伝いとして参加することに。すっかりチームに溶け込んじゃって、挙句の果てには。。。
ここからはご想像にお任せします(^_-)-☆ 

 

いずれにしてもすっかり元気になったダイジなのでした!!
監督は復帰にはまだまだしばらくかかりそうな感じ。。。


さて今回のバレンシアですが、何とGPの猛者たちが大挙して参加してきました。
まずはボスキャラの二人、「ブラッドリー・スミス」と「ニコ・テロール」。
この二人は金曜日のフリープラクティスのみの参加ですが、いったいどんな走りを見せてくれるのか楽しみです。


そしてやっぱり今回の本命は「ジョナス・フォルガー」。
マシンをアプリリアのワークスマシン「RSA」の乗り換えての参戦。
対抗馬は前回ヘレスの優勝者「ヨハン・ザルコ」。
超立ち上がり重視の走りはダイジも絶対見習うべき!!
他にもRed Bullルーキーズカップ1年目にザルコとチャンピオンを争った「ロレンツォ・サバドーリ」も出るます。
ダイジにとってはベンチマークがたくさんあって今の自分のレベルと真正面から向き合えるってわけであります。

逆に考えるとごまかしもきかない。監督自身も楽しみです(T_T)(^_-)-☆
そして始まったフリープラクティス。今回のタイムスケジュールも金曜、土曜とまったく一緒です。
1回目は11時20分からスタート。前回のヘレス同様、セットごとに周回を決めてダイジと打ち合わせしてから走行開始。


2セット目には45秒台に突入。
しかし、なかなかそこからタイムを削っていけません。

そこでコーチのラウルも監督もコースに出てダイジの走りをチェック。

 


ダイジがピットインするごとにピットに戻って情報をフィードバックするものの、やはりタイムアップできずに走行終了。


これはダイジの癖なのですが、イン付きが早いのと、ブレーキング。
この二点を改善すべく、走りの組み立てをダイジには考えてもらって、メカはデータロガーとにらめっこでダイジの言葉足らずな点を何とか補おうと必死です。


サスセットとキャブセットを変更してのぞんだフリー走行2回目。
今回は2セットの走行にしてダイジがより多く周回できるように配慮し、コースを研究してもらうことに。
しかしラップタイムは45秒を切ることなく、同じようなタイムでぐるぐる回ってしまいました。。。
ブレーキングも少し強くかけれるようになりましただもう少し強くレバーに入力する必要がありますし、イン付きも少し良くなりましたがまだまだ早い。
走りの組み立てはまだまだなのでした。

 



明日は公式予選。このままのタイムだと予選落ちの可能性も出てきました。。。
はたしてタイムアップなるのでしょうか?それとも???(ドキドキ)

kysek cooler

here best-cooler.reviews

www.tamada.ua