• HOME
  •  > 2009
  •  > Boys, Be Ambitious 010 「ALL ABOUT取材陣、西浦でのTeam NOBBYの練習風景を取材」 in スパ西浦モーターパーク
BOOKMARK Googleブックマークに追加 お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに追加 SHARE

Boys, Be Ambitious 010 「ALL ABOUT取材陣、西浦でのTeam NOBBYの練習風景を取材」 in スパ西浦モーターパーク

2009.04.10

チャオ、トゥッティ!!Team NOBBY監督のノビーです。

今回は先月の練習レポート パート7を掲載したいと思います。

全日本組の3人がスパ西浦で走行。徹は今回が今年のRS125初乗りとなる。


今回は東京から「ALL ABOUT」の田中さんとカメラマンの原さんが取材に来てくれたので、3人はいつもより更に気合が入る!!

まあ大治朗に限っては、最近は営業スマイルもばっちし???(^^)で、しかも目ざとく自分を狙っているレンズを見つけちゃうもんだから(視野が広いのと動体視力の良さだね!!)
カメラマンさん泣かせなところもあるのですが(爆)。
タケと徹はまだまだうぶですから(*^^)v



今年初めてチームノビー全日本組3人が全員そろってのRS125での走行となったので、そこは全員負けず嫌いな3人のこと、否が応でもタイムアタック合戦になりそうな予感。。。がしたので、ここは監督としては子供達の出鼻をくじくことにした(笑) 

タケとダイジを呼んで、二人にある「ミッション」を指示したのだ。
内容はひ・み・つ・(爆) 徹にはタイムを気にせずに、リラックスして走るように指示。


今日は50分*2本。

走行が始まると、やはりタケとダイジは同じようなペースで走るのでお互いを意識して近くを走行しているのだが、監督から出されたミッションを気にしてか、いつものようにガチンコバトルという感じにはならに、お互い自分のペースでピットインを繰り返している。

今日は明らかにいつもより集中できているようだ。



徹の方はというと、最初こそ久々に乗るRSの感触をすぐにはつかみきれてないのかなというような走りだったのだが、一本目が終わるころには、タケやダイジについて行くようになり、監督はじめスタッフをびっくりさせた。

やはり、きっちりと課題を与えていろいろなバイクにいろいろなシチュエーションで乗せてきた成果が出てきたかなと、少し安心した。
いや、安心するのはまだ早い!!本番はこれから!



走行後には皆それぞれ田中さんにインタビューされたり、原さんが写真を撮ってくれたりしながら楽しく取材をしてもらいました。

その様子は近々「ALL ABOUT」で紹介されるはずです。
皆さん、そちらの方もチェックよろしくです!!

ところで、タケとダイジははたしてミッションの方はうまくこなせたのかな?
ものにできたのか?
まだまだ修行の道は続く!!

agroxy.com/prodat/muka-222/cherkasskaya-obl

top-obzor.com

what does a blue rose mean