• HOME
  •  > 2009
  •  > Boys, Be Ambitious 005 「ダイジ、RS125をシェイクダウン。徹はベストタイム更新も設定タイムクリアはならず!!」 in 鈴鹿サーキット南コース
BOOKMARK Googleブックマークに追加 お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに追加 SHARE

Boys, Be Ambitious 005 「ダイジ、RS125をシェイクダウン。徹はベストタイム更新も設定タイムクリアはならず!!」 in 鈴鹿サーキット南コース

2009.03.30

チャオ、トゥッティ!!Team NOBBY監督のノビーです。

今回は先月の練習レポート パート2を掲載したいと思います。

前回の南コースの練習で見事に設定タイムをクリアしたダイジがRSでの今シーズン初走行。
今回は監督自らダイジのメカニックとして参加。

2007年のチーム発足時にはダイジのメカニックとして参戦していたけど、それ以来久々にRSを見ることになる。今年は一年を通して、全日本もレッドブルルーキーズカップもダイジと共に戦う予定なので、まずはその肩慣らしという感じかな?

 
平日の走行ということで、チームからの練習参加メンバーは少なめだが、気温もそこそこ上がり、スポーツ走行自体の走行者数も少ないので(ほぼ貸し切り状態)と絶好の練習日和。コンディションは整った!!ということで一本目の走行から皆ペースが速い!!

徹も早々と58秒台に突入しベストタイムを更新!!
良いペースで周回を重ねるのだが、わずかに設定タイムには届かず!!残念っ!!




チームノビーのミニバイク練習で使用しているMHというマシンだが、これはかつてSRS-Jでも使用していた車両である。

90年代にモリワキエンジニアリングが、ミニバイクからレーサーへステップアップする際の橋渡し的な意味も持つ入門のマシンとなるように作成したマシンで、ホンダの50ccロードバイクであるNS-1のフレームにモトクロッサーであるCR80Rのエンジンを搭載した純レーサーだ。

現在のスクールではCBR150Rというバイクを使用しているが、これはタイホンダ製の車両をエンデュランスで軽くチューニングしたもので、2ストのMHと比べるとやはり4ストということで、マイルドで乗りやすい。
がしかし、それはライダーの入力に対する反応がMHに比較するとダルということを意味し、

がっつりレーシングバイクの乗り方を学ぼうとした場合には、速く走らせるのは難しいが、
やはりMHのような「ライダーにシビアなコントロールを要求するマシン」を使用するのがベストだ。



しかしMHにも弱点はある。車両のベースが古いため、良好な状態を維持することが大変であったり、スペアパーツの確保にも困ることがあるなど、マシンを用意する段階での苦労は絶えない。

それでもチームノビーでは、MHの持つ教材としての素材の良さを重視し、マシンの状態には少し目をつむりつつも、積極的にトレーニングに活用しているというわけだ。
そして今現在、MHのカウリングをGeveilでチームカラーに塗ってもらってるので、外観もかっこよくなるはず! 

6月13日に明智ヒルトップサーキットで開催する「NOBBY CUP」では、このMHを使ったスプリントレースを開催予定なので、興味のある方はTeam NOBBYホームページをチェックしておいてください。


 


参加メンバーの太紀の走行中、ホームストレートで見ていると何か違和感がある。
よく見るとシフトダウン時のアクセルを戻す動きとブレーキレバーに指をかける動きにずいぶんとラグがあるようだ。

ダイジも気付いたようで(彼はほかのライダーの走行をよく観察している)、太紀がピットインしてくるとすぐにアドバイスをしている。ダイジのアドバイスを受けた太紀が再度コースインすると見違えるようにブレーキングが良くなった。

少しのことでずいぶんと変わるのが子供達。監督としては小さなことにも目が配れるようにしなくては。
そして自然とチーム内で「教え教えられ」の関係ができていることに「うんうん!!」とうなずく監督であった(笑)。

 ダイジの方はというと、彼らしく順調に走行を重ねていく。
ダイジの良いところである慎重さを前に出しながらも、少しずつ久々に乗る自分のRSと仲良くなっている感じがした。
今シーズンオフのダイジは、MHでの練習を通して彼のライディングの弱点を改善できるように、課題を与えながらトレーニングを重ねてきたのだが、今日のRSでの走りを見ていると早速その成果が出ていそうな感じだった。
今年のレースが楽しみだね。

www.best-drones.reviews

кредит на недвижимость

best amazon prime comedies