• HOME
  •  > 2009
  •  > Boys, Be Ambitious 002
BOOKMARK Googleブックマークに追加 お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに追加 SHARE

Boys, Be Ambitious 002

2009.01.12

Felice Anno Nuovo!!   新年明けましておめでとうございます。
Team NOBBY監督のノビーです。皆さんはどんなお正月休みを過ごされたのでしょうか?

僕らは12月30日に鈴鹿サーキット南コースで2008年の走り納め、31日に皆で一年間お世話になったガレージとトランスポーターの掃除を済ませ2008年の業務終了。1月1日、2日はお休み。1月3日からガレージに集合して走り初めに向けての準備、そして4日の走り初めと、まあ例年どおり練習三昧のお正月を過ごしました。
世界的にあまりいいニュースを聞かない今日この頃ですが、それを吹き飛ばせるように元気よく今年も全開でレースに臨みますので、子供達の応援をどうぞよろしくお願いします!!

さて、今シーズンからチームノビーのマシンには真っ赤な「Geveil」のロゴが貼られ、子供達と共に全日本ロードを戦うことになりました。


皆さんご存知のとおり、Geveilは日本全国に290余店の店舗を持つ日本一のバイク屋さん!!
実は俺も友達がGeveilで働いててちょくちょく顔を出すんだけど、これまたバイクが大好きなかなりの「バイクマニア」ばっかりなんだわ(笑)。
おかげで時が経つのを忘れてバイク談議に花が咲きすぎて、もう仕事にならせんでいかんわ(苦笑)。



冗談はさておき、俺の中ではここで働く人たちは「自分の好きなことを仕事に選んだ人の集団」っていうイメージかな。
じつはこれは「チームノビー」の子供達のスピリット(バイクに乗ることが大好きで、将来はGPライダー(プロライダー)を夢見てがんばっとる!!)とシンクロするんじゃないかってことで話が盛り上がり、広がっていったんです。
というわけでGeveilがバイクを愛する子供達の気持をリスペクトしてくれて、今年のコラボが実現したというわけです。

 チームノビーが2007年初頭から活動を始めて、はや丸2年が経ちました。
発足当時はライダー4名(日浦徹、日浦大治朗、中垣翔太、西川奈々)だったのですが、現在はなななんと。。。
10名がチームに在籍してます。人数は倍以上になりましたが、
最初から変わらないのがチーム員全員が「SRS-J(鈴鹿レーシングスクールジュニア)」の出身だということ。


SRS-Jはその名の通り、鈴鹿サーキットで行われている、車両にCBR150Rを使ったロードのスクールなのですが、実はフラットトラックやフラットダートも積極的に取り入れているんです。
チームノビーの練習カリキュラムや使用車両にはSRS-Jの影響が大きく反映されています。
今回はそのあたりからお話ししてみようと思います。

 

 「Team NOBBY」のガレージに来たことのある人は、置いてある子供達用のバイクの数にいつもびっくりされます(笑)。
まあ、俺の趣味のバイクも多数ありますから(Geveilで購入したバイクも多々あり(笑))、さらに多く感じるのかも知れませんが(^_-)-☆毎年チームの練習用のバイクが増えるので、最近はどうも俺のバイクをどかして欲しい光線を琢磨が発射してるようなしてないような???(苦笑)。

いずれにしても、だんだん車両が増えて、最初は広く感じたガレージも手狭にはなってきてます。

それだけ活動も活発になってきたってことで良しとしましょう(笑)!!

 

車両の話に戻りますが、まずは大治朗たちが全日本で使っている、おなじみホンダ(HRC)製のGP125マシン「RS125R」が、なんと全部で8台あります!!
これには2種類の仕様違いがあって、ひとつは全日本参戦用のエンデュランス製エンジンキットとホワイトパワー製リヤショックを組み込んだ、いわゆる「キット車」が4台。

そしてもうひとつが地方戦参戦用の全くのスタンダード状態のいわゆる「STD車」が4台となってます。

まずはセットアップが比較的簡単でトラブルも出にくいSTD車でしっかり走ることに集中してライダーのライディングレベルを上げておいてから、パフォーマンスは上がるがセットアップや走らせ方の難しいキット車でプロのライダーとして会得しなければならないスキルを身につけてもらうことを念頭に置いています。


 そしてかつてSRS-Jでも使ってたモリワキの「MH80R」。
これも全部で8台あります!!
この車両が実はなかなか練習教材としてはレベルが高いんですよ!!

 

どんなバイクかっていうと、鈴鹿の「モリワキエンジニアリング」で作られていた、ホンダの2ストロークのモトクロッサー「CR80R」のエンジンを、これまたホンダの50ccバイク「NS-1」の車体に積んだ純レーサーであります。
これがコースのそこらじゅうで「滑る」は「はねる」はで、ほんとに「じゃじゃ馬」という言葉がぴったり!!

でもそれらの挙動は間違ったライディングをしているときに起るんです。実は基本に忠実なライディングをするとうそのように速く走らせることができるのだっ。

ということで、正しいマシンコントロールだったり、ライディングフォームだったりを習得する。

あるいは時にはわざと挙動を起こさせてそれをコントロールする(マシンの挙動を自分の支配下に置く)練習にもばっちりなんです!!

興味のある方はレンタルしますんで一回乗ってみてねー!!大体鈴鹿の「南コース」か「明智ヒルトップサーキット」で練習してます。

最近は「美浜サーキット」にも行ってますね。




そしてダートトレーニング用のホンダ「XR100」。これも8台あるんです!!
さらにはミニバイクトレーニング用のHRC製「NS50R」が2台、ダートトレーニング用のCR85Rも2台。これらのバイクを使って、「オン」、「オフ」、「ミニコース」、「フルコース」と、それぞれ課題をもってトレーニングに取り組んでいます。

 次回は子供達が大好きな「ダートトレーニング」。そして気になる新加入のメンバーについてお話したいと思います。
それでは、アリベデルチ!!

optiontradingstrategies.net

oncesearch.com/details/squirting-obsession-dripping-amp-squirting-mega-collection-300-gifs-pics-167001

www.optiontradingstrategies.net